• TOP
  • 有識者に聞く
  • AI-OCR×RPAでソフトバンクが仕掛ける“業務改革への起爆剤”とは

共有する

AI-OCR×RPAでソフトバンクが仕掛ける“業務改革への起爆剤”とは

IT専門の調査会社IDC Japan株式会社が2018年4月6日に発表した調査結果によると、17年の国内BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス市場は前年比4.7%増の7346億円にのぼり、22年には8769億円に達することが見込まれている。アウトソーシングが加速する背景に、社内の人手不足感があるのは周知の事実。BPOサービスの一環としてRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を提案する企業も現れているとおり、テクノロジーによるイノベーションも強く求められているといえるだろう。 こうしたビジネス環境の中、申込書などのデータ処理や、大量に保管されている紙書類の有効活用に向けて […]

ログインして続きを読む

新着のコメント

matsu5858

 自治体のフロントオフィイス業務において、住民の方に記入いただいた届出書等の業務システムへの入力業務は、業務効率化の一番のネックであると認識しております。それがAI-OCR+RPAで劇的な改善が期待できるのであれば、自治体業務分野へのRPA導入も一気に加速されると考えます。

2018年5月21日09:03

ログインしてコメントする

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事