• TOP
  • 有識者に聞く
  • 日本が“RPA大国”となれば再びNo.1になれる――5つのステージで進化を遂げる次世代型デジタルレイバー(前編)

共有する

日本が“RPA大国”となれば再びNo.1になれる――5つのステージで進化を遂げる次世代型デジタルレイバー(前編)

「RPAに取り組む、取り組まないで、デジタル企業とアナログ企業の間で格差が顕著になる」――。アビームコンサルティングの安部慶喜 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルは、同社が3月12日にメディア向けに開催したRPA市場調査に関する説明会でこう語った。 今年に入って成長がますます加速すると同時に激しく変化するRPA市場。本説明会で安部氏が語った「格差」が生じるとはどういったことなのか。今回、RPAの先駆者でもある安部氏への独占取材を通じて、現在のRPA市場の最新動向を解説してもらいながら、今後のRPAの進化の在り方、そして組織におけるRPAの将来像まで横断的に聞いた。

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事