ログイン

共有する

業務標準化をロボットが加速させる――YKKビジネスサポートのRPA戦略とは

ファスナーのトップメーカーとして知られるYKK。製造や開発部門などが集積し「技術の総本山」と位置づけられる富山県黒部市で、グループ全体の管理業務を担うYKKビジネスサポート株式会社は、ソフトウエアで定型業務を代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のツール「WinActor」*を2017年5月に導入し、設立以来進めてきた業務改善を加速させている。同社が掲げる戦略と、その実現に貢献するロボットの運用について取材した。

グループ全体の管理業務を担うYKKビジネスサポート株式会社

左からYKKビジネスサポート株式会社 経営管理グループ 長石 倉由紀氏、経営管理グループ 湊 裕史氏

ロボット化の検討から1年で「6人に1人」が習得

2003年設立の同社は、YKK株式会社をはじめとする国内約20社のグループ企業から総務・人事・経理部門の管理業務を一元的に受託している。たゆまぬ業務改善の一環として17年初頭から導入検討を始めたRPAは現在、19のロボットが稼働中。従来人手で行ってきた作業について年間600時間相当の効率化を達成したほか、従業員のおよそ6人に1人にあたる20人がWinActorを習得し、ロボット化の対象業務選定や実装を行っている。新たなロボットの作成は部署単位で進めており、現場のスタッフから上がるリクエストの採否を、作成スキルを持つ担当者と上長で判断。各部署の取り組みは、定期的に開かれる全社報告会で確認している。

短期間での円滑な展開について、プロジェクトを統括した経営管理グループ長の石倉由紀氏は「当社にぴったりのアドバイスや成功事例の紹介を受けられたことが大変役立ちました」と語る。同社は今回、プロジェクトのパートナーとして自社と同じ業務受託事業を展開している 株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ西日本(大阪市都島区)を選定。この業界へのRPA導入支援で豊富な実績を持つ同業者にWinActorのトライアルや研修を依頼したことで、業務をロボット化するための“勘どころ”を効率的に押さえ、独力での運用をいち早く確立した。実際、WinActorをマスターした20人のうち半数は、初期に社外研修を受けた従業員らによって社内養成されたメンバーという。

石倉氏はさらに「当社はRPAの導入以前から、受託業務について標準化や文書化の取り組みを続けてきました。誰が見ても分かるよう作業を整理する仕組みが既にあり、それを活用してロボットを採り入れられたことも大きかったと思います」と振り返る。

自社における文書化の取り組みを踏まえたロボット運用の一端を、同グループの湊裕史氏は「業務を最初から最後まで、まるごとロボットに移管できるケースは基本的にないと考えました。そのため、

この記事にコメント

2018年4月2日20:43

『RPA五か条』という言葉を聞いた時、高度経済成長期に日本の多くの工場で最新の技術を導入し、生産性(大量生産の実現)を大幅に向上させたが、工場の壁などに「○○か条」と貼られていた当時の映像などを思い浮かべた。ホワイトカラーの現場で今まさに生産性改革が始まっている。

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

関連記事

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く