ログイン

無料登録

日本型「RPA」の実態とオフィスの未来

管理部門の仕事にはルーチンワークが多いのが一般的である。もしその作業を自動化することができたら、より経営に直結した仕事に打ち込める――。それを可能にするのが「RPA(Robotic Process Automation)」だ。RPAに仕事の9割を任せ、残りの1割を“プロ社員”が補完することで、企業は新たなステップへ進むことができるようになる。

  「RPA(Robotic Process Automation)」が注目を集めている。だが、この言葉を初めて聞くという人も多いだろう。日本RPA協会では、RPAについて次のように定義している。 「RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した業務を代行・代替する取り組みです。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)として、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わると言われています」 RPAテクノロジーズ 代表取締役社長で、日本RPA協会代表理事の大角暢之氏は、RPAの特徴について次のように話す。 「RPAは人間が行っている作業を自動化したり、機械化したりするのではなく、人間の作業を“代行”するものです。2016年は“RPA元年”と言われていますが、ある国や地域が先頭を走っているのではなく、世界同時多発的に広がってきているのです」

関連記事

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

人工知能時代に人間が生み出せる価値とは ホロス未来会議2050発起人・服部桂氏に聞く

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

「RPAは収益を生み出すエンジン」 住友林業情報システムのRPA活用方法とは

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

ロボットとの協働を前提とした組織形成が重要 元人工知能学会会長・松原仁氏に聞く

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

「人口7,000万人の日本」が見出すAIとの協働モデル   元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【後編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

“働く義務”から“働く権利”へ 元Google本社副社長・村上憲郎氏に聞く 【前編】

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

RPA推進に今必要なのは「プロセスアナリスト 」

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

銀行窓販の事務を支える「ロボ美ちゃん」―日本生命のRPA

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方

ソフトバンクが目指すAI×RPAを活用した未来の働き方