ログイン

共有する

日本型「RPA」の実態とオフィスの未来

管理部門の仕事にはルーチンワークが多いのが一般的である。もしその作業を自動化することができたら、より経営に直結した仕事に打ち込める――。それを可能にするのが「RPA(Robotic Process Automation)」だ。RPAに仕事の9割を任せ、残りの1割を“プロ社員”が補完することで、企業は新たなステップへ進むことができるようになる。 「RPA(Robotic Process Automation)」が注目を集めている。だが、この言葉を初めて聞くという人も多いだろう。日本RPA協会では、RPAについて次のように定義している。 「RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、 […]

ログインして続きを読む

関連記事

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメントが自社での経験から導いた解「Robochestration」とは

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメ…

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutomation」とは

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutom…

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フエニックス・コンタクトの導入事例

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フ…

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジメントパートナーはRPAをエンジンに進む

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジ…

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバイザリーに聞く

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバ…

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火災海上保険の働き方改革

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火…

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジェリストが指摘する、「日本型RPA」の問題点

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジ…

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネクストの「使いこなすRPA」

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネク…