• TOP
  • 有識者に聞く
  • Blue Prismの迅速な導入で、 さらなる業務改善へ―スクウェア・エニックスのRPA運用術

共有する

Blue Prismの迅速な導入で、 さらなる業務改善へ―スクウェア・エニックスのRPA運用術

株式会社スクウェア・エニックス(東京都新宿区)は、2017年からRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による自動化を開始した。当初はデスクトップ端末にインストールするRPA製品を導入したが、2019年からはBlue Prismも採用し、分散統治と集中管理を組み合わせて効率的に運用している。 目次 さらなる自動化を目指し、運用性に優れたRPA製品を求めた 採用の決め手は設計思想やライセンス体系 迅速で的確なサービスにより、2カ月で内製化を達成 「自動化への意識改革」「在宅勤務対応」などで効果を実感 自動化領域を拡大し、よりクリエーティブな環境構築を

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事