• TOP
  • 有識者に聞く
  • グローバル・数千人規模のユーザーを見据えた集中管理。住友理工が選んだRPA運用戦略とは

共有する

グローバル・数千人規模のユーザーを見据えた集中管理。住友理工が選んだRPA運用戦略とは

輸出から現地展開へ事業モデルが広がったことに伴い、日系企業の海外拠点は近年、増大の一途をたどってきた。2019年11月に外務省が発表した前年10月現在の集計によると、その数は7万7,651件にのぼり、10年間で43%増加(※1)。これにより、国内だけでなく海外拠点の管理・統制も担う「グローバル本社」が一般化しつつある。 現地の実情に即した取り組みと共に、統一的なルールに基づいたコントロールが求められるのは、定型的な事務作業を代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の運用においても同様だ。このうち、自動車の振動を抑える防振ゴムの世界最大手で、20カ国以上に拠点を展開する住友理工 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事