• TOP
  • 有識者に聞く
  • 離れていても、ロボットの動きを完全把握。テクバンが考えるRPA運用管理の理想形

共有する

離れていても、ロボットの動きを完全把握。テクバンが考えるRPA運用管理の理想形

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の普及が国内で本格化し“RPA元年”とうたわれた2016年から数えると、今年は早くも5年目にあたる。残業時間の短縮など働き方改革の具体策として当初注目されたソリューションは、新型コロナウイルス対策を契機にした在宅勤務下で事業を継続するためのツールとして、従来とは異なる角度からもクローズアップされつつある。 テレワークの拡大に伴い、社内環境に依存した作業をRPAによる自動実行で置き換える動きは、今後さらに加速しそうだ。しかしRPA活用がうまくいっている企業ばかりではないことも事実であり、その中でもよく話題に上るのがいわゆる「野良ロボット」の発生で […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事