• TOP
  • 有識者に聞く
  • 言語AIのCOTOHAが「会議」の非効率を解決——NTTコミュニケーションズが考える一歩先の働き方改革

共有する

言語AIのCOTOHAが「会議」の非効率を解決——NTTコミュニケーションズが考える一歩先の働き方改革

人のアシスタントとして、ソフトウェアのロボット「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が活躍する場面が広がり、業務効率化が進んでいる。だが、RPAでは解決できない効率化領域は多く残っている。その一つが、人間同士のコミュニケーションだ。 特に会議は「無駄」や「非効率」が指摘されてきた。パーソル総合研究所などによる調査では、1,500人規模の企業における無駄な社内会議時間は年間9万2000時間、約2億円の損失に上るという。効果が高い対策としては、時間制限を設けることのほか、決定事項と次に行うタスクを明確化することを挙げる。 AIをはじめとする「データの活用を推進するサービス」を提供す […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事