ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAの“すごさ”が分かる「今までできなかった自動化」の実現──UiPath新製品群を日本法人担当者が解説

共有する

RPAの“すごさ”が分かる「今までできなかった自動化」の実現──UiPath新製品群を日本法人担当者が解説

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールを展開するUiPath は2019年10月、既存製品への改良に加えて10を超える新製品を発表。2020年上半期までに順次リリースすることを明らかにした。 同社が新たな製品ラインアップで描く戦略については、トップによるプレゼンテーションの概要を別記事でレポートしたが、自社に合ったRPA活用法を探るユーザー視点でみたとき、今回出そろった製品群にはどのような意義とメリットがあるのだろうか。日本法人のUiPath株式会社でプロダクトマーケティング責任者を務める原田英典氏に聞いた。 <目次> 1.広く深く、製品カテゴリーと機能強化の2軸で拡充。社内 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAとの“掛け合わせ”で生まれる新たな可能性──キューアンドエーワークスの事例3社にみる、協創のあり方

RPAとの“掛け合わせ”で生まれる新たな可能性──キューアンドエーワーク…

創業正徳2年。創業300年を超える食品総合商社を悩ませていた大量の売上・仕入データの処理――国分ビジネスエキスパートのRPA改革

創業正徳2年。創業300年を超える食品総合商社を悩ませていた大量の売…

RPAスケール(規模拡大)を実現するために重要な人材育成――CACとUiPathとが「トレーニング・アソシエイト」契約を締結

RPAスケール(規模拡大)を実現するために重要な人材育成――CACとUiPat…

企業活力向上に向けた社内実践。そのノウハウを生かしてお客さまへご提供する「デジタライゼーションパートナー」をめざす

企業活力向上に向けた社内実践。そのノウハウを生かしてお客さまへご…

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックス…

スタートアップの採用はスピード勝負。Recruiting Automationに注力し「毎朝1~2時間」の転記作業をRoboRoboで自動化–—Holmesが実践する、新しい採用活動のあり方

スタートアップの採用はスピード勝負。Recruiting Automationに注力し…

顕在化するRPA市場の課題を解決する──FPTがエル・ティー・エス社との合弁会社FCJを設立

顕在化するRPA市場の課題を解決する──FPTがエル・ティー・エス社との…

自動化がハイバリュー業務への集中を生む<br>デジタライゼーションの中でRPAを考えるNBSの挑戦

自動化がハイバリュー業務への集中を生む
デジタライゼーションの…