• TOP
  • 有識者に聞く
  • 買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

共有する

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用ではよく、最初に導入した部署以外への「横展開」が推奨される。これは、社内の業務プロセスに共通点が多いのを生かし、既存のソフトウエアロボットを“使い回し”することで、投入した開発コストを最大限回収しようという発想に基づくものだ。 定型業務の中には、同一組織内に限らず、おおむねどこでも内容が共通しているものもある。その1つが毎月発生する「買掛金処理」だ。この「受け取った請求書を、元となる契約内容と照合し、責任者の承認を得て会計システムに反映する作業」は、世界中のあらゆるオフィスで行われている。 もし、こうした作業に特化した既成のツールを使えば […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事