ログイン

共有する

ロボットが創出した“余裕”で顧客対応を磨く――成長企業・キャンディルグループを支えるRPA

一般社団法人日本能率協会が2018年10月に発表した「2018 年度(第39 回)当面する企業経営課題に関する調査」の結果によると、全国主要企業の経営者が考える経営課題として、「人材の強化(採用・育成・多様性への対応)」は「収益性向上」に次ぐ2位に位置する(39.5%、複数回答)。また7位の「働きがい・従業員満足度・エンゲージメントの向上」(12.7%、同)は、直近3カ年で8.4ポイント増と、他項目にない伸長をみせている。 参照元:「第39回 当面する企業経営課題に関する調査:日本企業の経営課題 2018」(2018 年 10 月、一般社団法人日本能率協会) さらに、投資スタンスを尋ねた同調査 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAとの“掛け合わせ”で生まれる新たな可能性–キューアンドエーワークスの事例3社にみる、協創のあり方

RPAとの“掛け合わせ”で生まれる新たな可能性–キューアンドエー…

創業正徳2年。創業300年を超える食品総合商社を悩ませていた大量の売上・仕入データの処理――国分ビジネスエキスパートのRPA改革

創業正徳2年。創業300年を超える食品総合商社を悩ませていた大量の売…

RPAの“すごさ”が分かる「今までできなかった自動化」の実現──UiPath新製品群を日本法人担当者が解説

RPAの“すごさ”が分かる「今までできなかった自動化」の実現──UiPath新…

RPAスケール(規模拡大)を実現するために重要な人材育成――CACとUiPathとが「トレーニング・アソシエイト」契約を締結

RPAスケール(規模拡大)を実現するために重要な人材育成――CACとUiPat…

企業活力向上に向けた社内実践。そのノウハウを生かしてお客さまへご提供する「デジタライゼーションパートナー」をめざす

企業活力向上に向けた社内実践。そのノウハウを生かしてお客さまへご…

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックス…

スタートアップの採用はスピード勝負。Recruiting Automationに注力し「毎朝1~2時間」の転記作業をRoboRoboで自動化–—Holmesが実践する、新しい採用活動のあり方

スタートアップの採用はスピード勝負。Recruiting Automationに注力し…

顕在化するRPA市場の課題を解決する──FPTがエル・ティー・エス社との合弁会社FCJを設立

顕在化するRPA市場の課題を解決する──FPTがエル・ティー・エス社との…