ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

共有する

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

都内で2019年6月7日に開かれたイベント「RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019」の基調講演では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)活用の最先端を走る登壇者から、この技術が「デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みで、より洗練されたテクノロジーに移行するまでの過渡期を担う」との見方が示された。 確かにRPAのベースは、既に成熟しきった技術だ。もっともそれは、RPAの活用が一時的流行で終わることを意味するものではない。 過渡期的な状況は、業務を刷新するたびに必ず発生する。そうした局面を柔軟に乗り切る手段としてRPAに可能性を見いだし、自社のDXで活 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事