• TOP
  • 有識者に聞く
  • 単純労働をロボット化する「RPA1.0」から頭脳労働を担う「RPA2.0」へ––NECマネジメントパートナーの飽くなき挑戦

共有する

単純労働をロボット化する「RPA1.0」から頭脳労働を担う「RPA2.0」へ––NECマネジメントパートナーの飽くなき挑戦

2018年12月に、従業員数10万人の巨大グループにおけるバックオフィス業務機能を一括で担う組織NECマネジメントパートナー株式会社(神奈川県川崎市)でのRPA活用取材(従業員数10万人を見据えた業務改革。RPA導入で終わらない定着までのノウハウとは――NECソリューションイノベータの挑戦)を実施した。 当時既に200体を超えるロボットが稼働し、ロボットの定着を見据えた業務可視化手法「HIT.s法」と「ハイブリッドRPA」の活用が特徴的な同社の取り組みであった。 現在同社では、単純労働に限定される「RPA1.0」から、頭脳労働へ自動化領域を拡大させる「RPA2.0」への取り組みに着手していると […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事