ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 「RPA前提」の新しいシステム構築――しなやかさを求める荏原環境プラントが選んだRPA×超高速開発ツール

共有する

「RPA前提」の新しいシステム構築――しなやかさを求める荏原環境プラントが選んだRPA×超高速開発ツール

業務改善の救世主としてRPAに期待する理由の一つが、「コストや仕様変更が多くシステム化には適さないが、できることなら自動化したい」と考えていた業務に対応できる点だ。 50年以上にわたって廃棄物処理技術を培い、ごみ焼却施設の建設や運転受託で国内トップクラスの実績を持つ荏原環境プラント株式会社も、その一社だった。最近のごみ焼却施設では廃熱を利用した発電が当たり前になっており、同社は新電力事業者としての顔も持つ。売電実績データを電力会社から受け取るのだが、電力会社ごとに異なるWebシステムにアクセスする必要があり、法令等の影響を受けてデータ項目が変更されることもしばしば。そこで注目したのがRPAだっ […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな組織風土が芽生えるGMOクリック証券のRPA導入

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな…

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報システムに聞く

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報シス…

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――ペガジャパン副社長の木村氏に聞く

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――…

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__グッドライフ社に聞く育成の秘訣

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__…

労働力の定義は「人」から「人+AI・RPA」へ――「バイトル」を運営するディップがロボット派遣を始めた理由とは

労働力の定義は「人」から「人+AI・RPA」へ――「バイトル」を運営する…

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使い」のポイント

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使…

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ