• TOP
  • 有識者に聞く
  • 経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

共有する

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

AI(人工知能)よりも即効的な働き方改革、生産性向上のツールとして急速に導入企業を増やしたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は現在、中央省庁にも着実に浸透。具体的な活用段階に入っている。 民間企業のRPA導入が、自社の内部で完結させやすい経理・総務・人事などの部門から始まったのと同様、「霞が関」のロボット化も、やはりバックオフィスが先陣を切ることとなった。 経済産業省の人事事務を司る大臣官房秘書課は2018年7月、デスクトップ型のRPAツール「BizRobo!mini」を導入。プログラミング経験がない人事情報の登録作業担当者が自身の作業を一部委ねる形でロボットを実装し、作業時間 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事