ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

共有する

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

AI(人工知能)よりも即効的な働き方改革、生産性向上のツールとして急速に導入企業を増やしたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は現在、中央省庁にも着実に浸透。具体的な活用段階に入っている。 民間企業のRPA導入が、自社の内部で完結させやすい経理・総務・人事などの部門から始まったのと同様、「霞が関」のロボット化も、やはりバックオフィスが先陣を切ることとなった。 経済産業省の人事事務を司る大臣官房秘書課は2018年7月、デスクトップ型のRPAツール「BizRobo!mini」を導入。プログラミング経験がない人事情報の登録作業担当者が自身の作業を一部委ねる形でロボットを実装し、作業時間 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものではない――リコーの社内デジタル革命(後編)

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものでは…

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命(前編)

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命…

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが…

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自動車部品で世界トップクラスのシェアを持つダイナックスに聞く

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自…

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔サポートで好スタートを切った株式会社ABC

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔…

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動産「大京」のモデルケース

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動…

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部の挑戦

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部…

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成功から日本が学ぶべきポイントとは

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成…