ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

共有する

RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

「幻滅期」。米国に本拠地を置く業界最大規模のICTアドバイザリ企業「ガートナー社」が特定の技術について曲線(「ハイプ・サイクル」)を使いながら、関心が高まり、やがて失望を経て、そして安定するまでを説明する際、失望を示す期間に造り出した用語である。知っている、聞いたことがあるという方も多いのではないだろうか。 参照元:日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年(出典:ガートナー) 2019年に入ってからも国内ではRPAを導入する企業が増え続けている最中、ガートナー社はRPAについてもこの「幻滅期」に突入していることを示している。 実際、「思ったような費用対効果が出ない」「繁忙期なのにロ […]

ログインして続きを読む

新着のコメント

SPM 千葉

TIS社のプレゼン資料 ⑨までしか見えないのですが? ⑩以降が知りたい!

2019年5月16日08:56

ログインしてコメントする

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメントが自社での経験から導いた解「Robochestration」とは

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメ…

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutomation」とは

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutom…

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フエニックス・コンタクトの導入事例

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フ…

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジメントパートナーはRPAをエンジンに進む

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジ…

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバイザリーに聞く

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバ…

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火災海上保険の働き方改革

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火…

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジェリストが指摘する、「日本型RPA」の問題点

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジ…

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネクストの「使いこなすRPA」

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネク…