ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

共有する

RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

「幻滅期」。米国に本拠地を置く業界最大規模のICTアドバイザリ企業「ガートナー社」が特定の技術について曲線(「ハイプ・サイクル」)を使いながら、関心が高まり、やがて失望を経て、そして安定するまでを説明する際、失望を示す期間に造り出した用語である。知っている、聞いたことがあるという方も多いのではないだろうか。 参照元:日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年(出典:ガートナー) 2019年に入ってからも国内ではRPAを導入する企業が増え続けている最中、ガートナー社はRPAについてもこの「幻滅期」に突入していることを示している。 実際、「思ったような費用対効果が出ない」「繁忙期なのにロ […]

ログインして続きを読む

新着のコメント

SPM 千葉

TIS社のプレゼン資料 ⑨までしか見えないのですが? ⑩以降が知りたい!

2019年5月16日08:56

ログインしてコメントする

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものではない――リコーの社内デジタル革命(後編)

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものでは…

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命(前編)

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命…

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが…

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自動車部品で世界トップクラスのシェアを持つダイナックスに聞く

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自…

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔サポートで好スタートを切った株式会社ABC

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔…

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動産「大京」のモデルケース

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動…

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部の挑戦

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部…

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成功から日本が学ぶべきポイントとは

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成…