ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • クラウドRPAで実現する誰でも使えるRPAと新たなワークスタイルの創造――BizteXが描くビジョンとは

共有する

クラウドRPAで実現する誰でも使えるRPAと新たなワークスタイルの創造――BizteXが描くビジョンとは

オフィス業務効率化の切り札であるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の利用は、まず大企業において先行し、今後は中小企業にも広がっていくと考えられる。そこで課題となるのが、コストや開発スキルの不足だ。そのようなハードルを乗り越えるべく開発された、“誰でも使える”を標榜するクラウドRPAツールが「BizteX cobit」だ。2017年7月のリリース以来、のべ500社近い企業・団体に採用されている。 開発元であるBizteX株式会社は2018年11月14日、クラウドRPAをテーマとしたカンファレンス「X-CONFERENCE(クロス-カンファレンス)」を都内で開催した。同社代表取締役 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものではない――リコーの社内デジタル革命(後編)

製品開発でも活用されるロボット。RPAはバックオフィスだけのものでは…

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命(前編)

「KAIZEN」し続ける体質づくりを目指して――リコーの社内デジタル革命…

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが…

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自動車部品で世界トップクラスのシェアを持つダイナックスに聞く

「100年に一度の大変革期」に直面する自動車産業におけるRPA活用――自…

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔サポートで好スタートを切った株式会社ABC

アミューズメント業界で始まった、攻めのRPA活用━━月額従量課金×遠隔…

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動産「大京」のモデルケース

IT主導から現場主導へ。RPA推進部門を変えたその理由とは?__大手不動…

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部の挑戦

「全職場にRPA開発者」を目指す3年計画―三菱重工航空機・飛昇体事業部…

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成功から日本が学ぶべきポイントとは

デジタル先進国エストニアが大切にする「利用者視点」──電子政府の成…