ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 業務量が増えても、ワークライフバランスを保てる会社創り――LIFULLのロボット内製プロジェクト

共有する

業務量が増えても、ワークライフバランスを保てる会社創り――LIFULLのロボット内製プロジェクト

国内の99.7%を占める中小企業から3万社を対象に2017年12月実施された調査(三菱UFJリサーチ&コンサルティング「平成29年度 人手不足下における中小企業の生産性向上に関する調査に係る委託事業 調査報告書」、有効回答率13.8%)によると、回答した企業の実に96.3%は、直近3年間で何らかの業務効率化に取り組んでいる。この契機として、最も多く挙がった要因は「人手不足対応」(46.5%)だった。 さらに同調査では、回答企業の過半数(50.6%)が効率化を進める上で「業務に追われ、業務見直しの時間がとれない」ことが課題だとしている。「多忙から脱する工夫も難しいほど多忙」という現場が珍しくない […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAでワークスタイルに変革をもたらし、マネジメントを変える――BizteX嶋田氏が目指す、未来のワークスタイルとは

RPAでワークスタイルに変革をもたらし、マネジメントを変える――BizteX…

BizRobo!と協働するビジョンは?――Kofax社のダン・グッド氏とジョン・ポール・スナイダー氏に聞く

BizRobo!と協働するビジョンは?――Kofax社のダン・グッド氏とジョン・…

9割が女性従業員の現場でRPAが実現する、新たな働き方とは――船井総研コーポレートリレーションズのRPA活用術

9割が女性従業員の現場でRPAが実現する、新たな働き方とは――船井総研…

適材適所のテクノロジー活用を通じた組織の効率化・高付加価値化を当たり前の文化にーージェンパクト日本法人・田中新社長に聞く

適材適所のテクノロジー活用を通じた組織の効率化・高付加価値化を当…

1,600km離れた沖縄と東京。拠点間でのRPA同時運用を実現した全保連のアプローチ

1,600km離れた沖縄と東京。拠点間でのRPA同時運用を実現した全保連の…

「ワークスタイル変革とRPA活用で生産性を最大化」――NECネッツエスアイ牛島氏×キューアンドエーワークス池邉氏が働き方の未来を語る

「ワークスタイル変革とRPA活用で生産性を最大化」――NECネッツエスア…

社内RPAエンジニア・ノウハウ不足を解消するポイント―ーパーソルテクノロジースタッフと豆蔵が事例で語る

社内RPAエンジニア・ノウハウ不足を解消するポイント―ーパーソルテク…

「RPAを諦めなくていい」——Macでも動くマルチプラットフォームRPA「HeartCore Robo」

「RPAを諦めなくていい」——Macでも動くマルチプラットフォームRPA「He…