ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 1,600km離れた沖縄と東京。拠点間でのRPA同時運用を実現した全保連のアプローチ

共有する

1,600km離れた沖縄と東京。拠点間でのRPA同時運用を実現した全保連のアプローチ

定型的な事務処理をソフトウエアで代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の普及は、国内では東京などの大都市圏で先行した。これは事業所数もさることながら、新たなテクノロジーの導入を支援する体制が、当初は全国を十分カバーできていなかったことも大きな理由だ。 47都道府県の全てで有効求人倍率が1倍を超えて久しい現在、希少な労働力を補完できるツールの活用は全国共通の課題といえる。こうしたなか、家賃保証会社の全保連株式会社は、およそ1,600km離れた沖縄県那覇市と東京・新宿副都心のオフィスでほぼ同時にRPA導入に着手。わずか1年足らずで自社社員によるロボットの内製を軌道に乗せ、着実に […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな組織風土が芽生えるGMOクリック証券のRPA導入

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな…

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報システムに聞く

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報シス…

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――ペガジャパン副社長の木村氏に聞く

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――…

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__グッドライフ社に聞く育成の秘訣

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__…

「RPA前提」の新しいシステム構築――しなやかさを求める荏原環境プラントが選んだRPA×超高速開発ツール

「RPA前提」の新しいシステム構築――しなやかさを求める荏原環境プラン…

労働力の定義は「人」から「人+AI・RPA」へ――「バイトル」を運営するディップがロボット派遣を始めた理由とは

労働力の定義は「人」から「人+AI・RPA」へ――「バイトル」を運営する…

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使い」のポイント

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使…