• TOP
  • 有識者に聞く
  • 適材適所のテクノロジー活用を通じた組織の効率化・高付加価値化を当たり前の文化にーージェンパクト日本法人・田中新社長に聞く

共有する

適材適所のテクノロジー活用を通じた組織の効率化・高付加価値化を当たり前の文化にーージェンパクト日本法人・田中新社長に聞く

ダボス会議で知られる「世界経済フォーラム」が2018年9月17日に発表した「未来の働き方:The Future of Jobs 2018」の報告書では、人工知能(AI)をはじめとしたテクノロジーの進展により、2025年までに52%の仕事はロボットなどが担うことになると予測した。また、2022年には7,500万もの職が失われる一方、自動化によって1億3,300万の新たな仕事が創出されるとしている。 これらは、「ヒトとロボットの協働」が現実の世界となることを示していると言えるだろう。国内でも、それに向けた第一歩のステップとしてRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の取り組みが進んでいる […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事