ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【前編】

共有する

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【前編】

テスト導入したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で一定の成果を上げたまではよいものの、対象業務を拡大させ、さらに全社へ広げるためにどうすればよいか、突破口を探る担当者は決して少なくないようだ。 RPABANKが2018年6月、会員企業720社を対象に実施したアンケート調査によると、本格展開させる上での課題として最も多く挙げられたのは「開発者不足・開発スキル不足」(34%)。これに次ぐ「運用・統制ルールの未整備」(21%)と合わせて全体の過半数を占めている。 もっとも、単に優秀な開発者をそろえてルールをつくれば、おのずと普及するわけでもない。RPAの基礎的なコンセプトを提唱したロ […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPA拡大(スケール)の肝は「メンテナンス性」、そしてRPAはIntelligence Automation(インテリジェント・オートメーション)のフェーズへ――Blue Prism CEOアレスター・バスゲート氏インタビュー

RPA拡大(スケール)の肝は「メンテナンス性」、そしてRPAはIntellige…

単純労働をロボット化する「RPA1.0」から頭脳労働を担う「RPA2.0」へ––NECマネジメントパートナーの飽くなき挑戦

単純労働をロボット化する「RPA1.0」から頭脳労働を担う「RPA2.0」へ–…

多様化するRPA運用課題と、求められるリアルタイム相談「リモートサポート」の存在――RPAリモートサポートをいち早く導入した日本ワムネットに聞く

多様化するRPA運用課題と、求められるリアルタイム相談「リモートサポ…

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな組織風土が芽生えるGMOクリック証券のRPA導入

業務部門主導で実現する業務改善(定量)と意識改革(定性)__新たな…

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報システムに聞く

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報シス…

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――ペガジャパン副社長の木村氏に聞く

国際競争力を手にするには、危機感を持ってDXに取り組む必要がある――…

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__グッドライフ社に聞く育成の秘訣

育成期間8カ月、研修回数35回、ロボットクリエイター育成人数600人__…