ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 現場の声に応えた「普段使い」のRPA――Minoriソリューションズの自信作「MinoRobo」とは

共有する

現場の声に応えた「普段使い」のRPA――Minoriソリューションズの自信作「MinoRobo」とは

RPA BANKが2018年6月に行った調査によると、国内の従業員数1,000人以上の企業におけるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入率は、テスト段階も含めて8割に到達。膨大な事務処理を抱える大企業の大半がロボットによる代替に着手済みという実態が明らかになった。その成果を踏まえ、中堅以下の企業においても現在、RPAの活用を模索する動きが活発化しつつある。 コスト面と操作性の双方で、いっそう手軽なツールが求められるようになったトレンドを捉え、システム開発会社の株式会社Minoriソリューションズ(東京都新宿区)が2018年1月にリリースしたのが、PC1台からでも導入できるRP […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

「人とロボットの協働時代」。人材育成が企業の競争源泉となる ーーRPA BANK独占取材_Neuralify社に聞く

「人とロボットの協働時代」。人材育成が企業の競争源泉となる ーーRP…

従業員数10万人を見据えた業務改革。RPA導入で終わらない定着までのノウハウとは――NECソリューションイノベータの挑戦

従業員数10万人を見据えた業務改革。RPA導入で終わらない定着までのノ…

優れたRPA推進担当者への第一歩。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【後編】

優れたRPA推進担当者への第一歩。知っておきたい3つのポイント――導入…

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【前編】

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導…

業務効率化のポイント「いますぐ手に入る技術で、どれだけ多くのことを簡単・便利にできるか」――10以上の部署へのAI OCR導入に挑むJTの「開拓者精神」

業務効率化のポイント「いますぐ手に入る技術で、どれだけ多くのこと…

仕事に人間らしさを取り戻すーーオートメーション・エニウェア日本法人・杉原新社長インタビュー

仕事に人間らしさを取り戻すーーオートメーション・エニウェア日本法…

相棒としてのロボット活用を当たり前の文化に――マインドセット改革を目指すディップの挑戦

相棒としてのロボット活用を当たり前の文化に――マインドセット改革を…

CRMの根底が変わる。AIアシスタント「Salesforce Einstein」で引き起こす生産性の底上げ

CRMの根底が変わる。AIアシスタント「Salesforce Einstein」で引き起…