ログイン

共有する

人材派遣に革命をもたらすヒトとロボットの「ハイブリッド派遣」(後編)

人材派遣業として豊富な実績を持つキューアンドエーワークスでは、早期からRPAに取り組み、人材とRPAを組み合わせたハイブリッド派遣「RoboRoid RPA Solution」を提供している。人ならではの能力が発揮できる部分とRPAの能力が発揮できる部分を仕分け、その能力を組み合わせることによって、結果的に業務の効率化とコスト削減を目指すというものだ。特に同社は「育てる人材派遣」で培ったノウハウをもとに、日本の企業風土に合わせた独自の日本版RPAを開発している。今回は、キューアンドエーワークスの代表取締役社長である池邉竜一氏にお話をうかがった。

QAWが提供する「ハイブリッド派遣」とは

RPAをまずは自社で導入して問題を洗い出し、十分な導入効果が見込めると判断したQAWでは、人とRPAの協働によるハイブリッド派遣「RoboRoid RPAソリューション」の提供を2016年1月より開始した。これは、導入提案から業務コンサル、導入支援、開発代行、運用保守に至るまで、人とロボットを絡めたワンストップサービスとして提供するものだ。もちろん、開発にはロボット開発とシステム開発が含まれ、運用には人的運用、ロボット運用、システム運用が含まれる。

関連記事

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く