ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

共有する

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

求人検索サイトのIndeedが2016年、世界の企業勤務者から寄せられた職場への評価1,000万件から集計した「仕事の満足度」ランキングにおいて、日本は先進国・新興国の35カ国中最下位となっている。日本からの回答者は年齢中央値が45歳と他国に比べ高く、さらに働く本人の幸福度に最も影響している要素は世界共通で「ワークライフバランス」だったという。不名誉な結果は、家庭への責任がある日本企業の働き手たちが少子高齢化のあおりで職場の若手にも頼れなくなっている窮状を示したものといえそうだ。

産業や人口の構成が様変わりし、ライフスタイルも多様化している現在のわが国で、かつての成功モデルに代わる働き方をいかに見いだすか。人材サービス会社のキューアンドエーワークス株式会社(東京都渋谷区)社長で、著書『RPAが起こす第4次産業革命 デジタルレイバーが部下になる日』(日経BP社)を2018年2月に刊行、一般社団法人日本RPA協会の理事でもある池邉竜一氏に聞いた。

『デジタルレイバーが部下になる日』

RPA拡大戦略では「現場視点」の議論が欠けている

-PC上の定型作業を代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の登場を機にした、人間の働き方の再定義をテーマにした新刊では、年代も境遇もバラバラな男女3人が登場。RPAツールを仮想的な知的労働者(デジタルレイバー)として使いこなし、自身の稼働日や時間、場所などを相当自由に決めて働く様子が描かれています。

はい。プロフィールの細部は変えていますが、いずれも当社に所属する正社員をモデルにしています。デジタルネイティブ世代でITスキルを持て余していた若者や、今後のキャリアに不安があった“アラフォー”の元事務職女性、さらに前職で心を病んで再起を図っていた父親が、デジタルレイバーを「部下」にすることによって従来と違った働き方を選べるようになったという実例です。

-RPAそのものよりも、活用する「人」に焦点を当てた内容が新鮮でした。

私の会社は2016年初頭よりRPA開発エンジニアの派遣事業などを手がけていますが、より安定した地位である当社の正社員としてRPA導入企業の支援業務に就いてもらうなど、新たな形での雇用創造に努めてきました。RPAの普及を考える上では「経営」「運用」「現場」という3つの視点が重要ですが、経営視点でのRPAが人手不足対策として連日メディアを賑わせ、運用視点からの実践的な取り組みも着実に進んでいる中、現場視点の議論だけが足りていないという個人的な問題意識がありました。

「RPAを採り入れることで、働く人がどう幸せになるか」を考えてほしい、そのためのヒントを提供したいというのが、今回の刊行の理由です。幸い多くの読者の方から「分かりやすい」「RPA導入に際しての人材育成について理解できた」と反響をいただいているところです。

『デジタルレイバーが部下になる日』

RPAで必要なのは「答え」ではなく「問い」

-ここ2年ほどでブームとなったRPAは、早くも国内大手企業への導入がほぼ一巡する勢いです。その背景と、今後の展開についてどうご覧になりますか。

国内で現在、RPA導入の成功事例とされているのは

この記事にコメント

関連記事

「時間本位」からの脱却。RPAでアップデートされる三菱重工の“企業文化進化論”

「時間本位」からの脱却。RPAでアップデートされる三菱重工の“企業文化進化論”

RPAが地方の救世主となるーーNTTドコモがめざすRPAを活用したモバイルソリューション

RPAが地方の救世主となるーーNTTドコモがめざすRPAを活用したモバイルソリューション

「チーム」で踏み出すデジタル革命――双日のRPA戦略とは

「チーム」で踏み出すデジタル革命――双日のRPA戦略とは

第4次産業革命は「AI+RPA」で起きる(NewsPicks×RPA BANK)

第4次産業革命は「AI+RPA」で起きる(NewsPicks×RPA BANK)

PC業務の「前」と「後」を総合的にサポートーーNTTドコモがめざす“真の働き方改革”とは

PC業務の「前」と「後」を総合的にサポートーーNTTドコモがめざす“真の働き方改革”とは

「ビジネスに生かすAI」の最前線とは――対談・人工知能学会前会長 松原氏×CogentLabs飯沼氏

「ビジネスに生かすAI」の最前線とは――対談・人工知能学会前会長 松原氏×CogentLabs飯沼氏

「必要な時に必要なだけ」RPAをもっと身近に、そして安心で安全な提供をーークレオの新提案とは

「必要な時に必要なだけ」RPAをもっと身近に、そして安心で安全な提供をーークレオの新提案とは

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)