ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

共有する

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

日本国内では現在、大手企業を中心にRPA導入ラッシュが続いている。なかでも、代表的な国産RPAソリューションの1つであるWinActor/WinDirector(NTTデータ提供)は、新規提供実績が月50社を超えるペースで伸びており、この1年で800社(最新の数値では1,000社以上)との契約に至ったという。同社の第二公共事業本部 第四公共事業部 第二統括部 RPAソリューション担当 課長、中川拓也氏のコラムによると、特に最近では、RPA全社運用ルールや体制の構築方法というような具体的な手法や、AIによるRPAの高度な自動化に関する内容が問い合わせの中心となってきているというのだ。そこで本稿で […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAを草創期に導入した先駆者が考える業務効率化3つのポイントとはーー日本生命の全社展開最前線

RPAを草創期に導入した先駆者が考える業務効率化3つのポイントとはー…

グローバル大企業で多数のRPA成功事例を持つBlue Prismが大切にする製品への想いと今後の製品ロードマップ――Blue Prism CTOデイビッド・モス(David Moss)氏に聞く

グローバル大企業で多数のRPA成功事例を持つBlue Prismが大切にする製…

クラウド上で広がるRPAの可能性とは――日本マイクロソフトのクラウド責任者に聞く

クラウド上で広がるRPAの可能性とは――日本マイクロソフトのクラウド責…

「RPAの限界」を突破するには――ベトナム最大手IT企業の日本法人FPTジャパンホールディングスに聞く

「RPAの限界」を突破するには――ベトナム最大手IT企業の日本法人FPTジ…

現場が効果を実感できるRPA活用を−−ジョンソン・エンド・ジョンソン社の事例にみる、現場部門とIT部門の二人三脚の連携体制

現場が効果を実感できるRPA活用を−−ジョンソン・エンド・ジョンソン社…

「ミスができない」不安業務が半減。日揮が2年前からABBYYのAI-OCRを導入したワケ

「ミスができない」不安業務が半減。日揮が2年前からABBYYのAI-OCRを…

RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

RPAが上手くいかない6つの要因――50社以上の導入を支援するTISに聞く

「はたらいて、笑おう。」のもと、グループ企業が1つとなり顧客の働き方の課題解決を目指すパーソルグループ

「はたらいて、笑おう。」のもと、グループ企業が1つとなり顧客の働き…