ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

共有する

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

現場で自ら業務を自動化することを重視し、全社的にRPA研修を展開 業務改革による生産性向上を目指し、それを継続的に実践する有効なツールの1つとしてRPAを導入しているSMBCグループ。同グループではどのように“RPA人材”を育成し、具体的にどういった業務にロボットを活用しているのだろうか。業務改革およびその中でのRPA活用の旗振り役を担う、三井住友フィナンシャルグループ 企画部 業務改革室 副室長の山本慶氏に話を聞いた。 RPAをスキルの1つとし「使えない人」をつくらない 現在、SMBCグループでは約800台のロボットが稼働し、700業務110万時間(550人)分の余力捻出を実現している。RP […]

ログインして続きを読む

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

CRMの根底が変わる。AIアシスタント「Salesforce Einstein」で引き起こす生産性の底上げ

CRMの根底が変わる。AIアシスタント「Salesforce Einstein」で引き起…

RPA×APIが導くさらなる効率化への道──PCA 伊藤氏が語る、未来の仕事のあり方とは

RPA×APIが導くさらなる効率化への道──PCA 伊藤氏が語る、未来の仕事の…

地域金融の原点「地域から必要とされる存在」。朝日信用金庫のデジタライゼーションへの挑戦

地域金融の原点「地域から必要とされる存在」。朝日信用金庫のデジタ…

「OCR×RPA」――スキャナー市場シェア世界No.1・PFUが実践するOCR活用の意外なノウハウ

「OCR×RPA」――スキャナー市場シェア世界No.1・PFUが実践するOCR活用の…

RPAプロジェクトは、ITプロジェクトではなくビジネスプロジェクト--RPAエンジニアリング代表大石純司氏に聞く(後編)

RPAプロジェクトは、ITプロジェクトではなくビジネスプロジェクト--…

ビジネスのゲームはチェンジした。RPAに取り組む企業と取り組まない企業に生まれる「差」 ——米国RPA・AI協会会長フランク・カザーレ氏に聞く

ビジネスのゲームはチェンジした。RPAに取り組む企業と取り組まない企…

RPAと上手に付き合う正攻法「ロボットの未熟さを許せる寛容さ」--RPAエンジニアリング代表大石純司氏に聞く(前編)

RPAと上手に付き合う正攻法「ロボットの未熟さを許せる寛容さ」--RP…

エンタープライズRPAを成功に導く勘所――NECネクサソリューションズが導きだした解

エンタープライズRPAを成功に導く勘所――NECネクサソリューションズが…