ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

共有する

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

現場で自ら業務を自動化することを重視し、全社的にRPA研修を展開 業務改革による生産性向上を目指し、それを継続的に実践する有効なツールの1つとしてRPAを導入しているSMBCグループ。同グループではどのように“RPA人材”を育成し、具体的にどういった業務にロボットを活用しているのだろうか。業務改革およびその中でのRPA活用の旗振り役を担う、三井住友フィナンシャルグループ 企画部 業務改革室 副室長の山本慶氏に話を聞いた。 RPAをスキルの1つとし「使えない人」をつくらない 現在、SMBCグループでは約800台のロボットが稼働し、700業務110万時間(550人)分の余力捻出を実現している。RP […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

「RPAを諦めなくていい」——Macでも動くマルチプラットフォームRPA「HeartCore Robo」

「RPAを諦めなくていい」——Macでも動くマルチプラットフォームRPA「He…

「人とロボットの協働時代」。人材育成が企業の競争源泉となる ーーRPA BANK独占取材_Neuralify社に聞く

「人とロボットの協働時代」。人材育成が企業の競争源泉となる ーーRP…

従業員数10万人を見据えた業務改革。RPA導入で終わらない定着までのノウハウとは――NECソリューションイノベータの挑戦

従業員数10万人を見据えた業務改革。RPA導入で終わらない定着までのノ…

優れたRPA推進担当者への第一歩。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【後編】

優れたRPA推進担当者への第一歩。知っておきたい3つのポイント――導入…

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【前編】

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導…

業務効率化のポイント「いますぐ手に入る技術で、どれだけ多くのことを簡単・便利にできるか」――10以上の部署へのAI OCR導入に挑むJTの「開拓者精神」

業務効率化のポイント「いますぐ手に入る技術で、どれだけ多くのこと…

仕事に人間らしさを取り戻すーーオートメーション・エニウェア日本法人・杉原新社長インタビュー

仕事に人間らしさを取り戻すーーオートメーション・エニウェア日本法…

相棒としてのロボット活用を当たり前の文化に――マインドセット改革を目指すディップの挑戦

相棒としてのロボット活用を当たり前の文化に――マインドセット改革を…