ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • 日本企業の国際競争力を担う「デジタルレイバー」(後編)

共有する

日本企業の国際競争力を担う「デジタルレイバー」(後編)

製造業をはじめとして、日本企業がグローバル市場での競争にさらされている。日本企業が国際競争力をつけるために今、注目を浴びているのが、人が行っていた定型業務(単純作業)を自動化する「RPA/AI/デジタルレイバー」である。だが、RPAに課題がないわけではない。例えば、より高度な仕事に人がシフトするためには何をすべきかといったことだ。しかし、RPA時代に則した人材開発を行うことによって、そうした課題は解決できる。RPA市場にいち早く進出し、日本企業の国際競争力向上に貢献するKPMGコンサルティング株式会社の田中淳一氏と田邊智康氏に話を聞いた。 「RPA(Robotic Process Automa […]

ログインして続きを読む

関連記事

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメントが自社での経験から導いた解「Robochestration」とは

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメ…

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutomation」とは

「低コストで全社展開できる」ギリシャ発の中小企業向けRPA「WinAutom…

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フエニックス・コンタクトの導入事例

トレーニングと導入サポートでRPAスキルを身につけ自社開発に成功──フ…

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジメントパートナーはRPAをエンジンに進む

シェアードサービスの実績を生かした社内外の働き方改革。日立マネジ…

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバイザリーに聞く

RPAの効果を高める「BPM」。本当の意義と導入の難易度とは――EYアドバ…

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火災海上保険の働き方改革

保険事業の肝は「人に会うこと」。単純作業の自動化が叶える、 大同火…

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジェリストが指摘する、「日本型RPA」の問題点

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジ…

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネクストの「使いこなすRPA」

ロボットをつくって手に入れた、集中できる事務環境──大和ライフネク…