• TOP
  • 有識者に聞く
  • 日本企業の国際競争力を担う「デジタルレイバー」(後編)

共有する

日本企業の国際競争力を担う「デジタルレイバー」(後編)

製造業をはじめとして、日本企業がグローバル市場での競争にさらされている。日本企業が国際競争力をつけるために今、注目を浴びているのが、人が行っていた定型業務(単純作業)を自動化する「RPA/AI/デジタルレイバー」である。だが、RPAに課題がないわけではない。例えば、より高度な仕事に人がシフトするためには何をすべきかといったことだ。しかし、RPA時代に則した人材開発を行うことによって、そうした課題は解決できる。RPA市場にいち早く進出し、日本企業の国際競争力向上に貢献するKPMGコンサルティング株式会社の田中淳一氏と田邊智康氏に話を聞いた。 「RPA(Robotic Process Automa […]

ログインして続きを読む

関連記事