ログイン

  • TOP
  • 有識者に聞く
  • RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

2019年6月24日 サーバーメンテナンスのお知らせ

6月29日(土)の11時00分から6時間の予定でメンテナンスを行います。メンテナンス中はRPA BANKはご利用いただけません。
ご迷惑おかけしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。

共有する

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

生産性向上を目指しグループを挙げてRPA活用を推進 SMBCグループでは、グループ全体の生産性向上、業務効率化、コストコントロールを目指した業務改革に取り組んでおり、その重点施策の1つとしてRPAの導入を推進している。その旗振り役を担う、三井住友フィナンシャルグループ 企画部 業務改革室 副室長の山本慶氏に話を聞いた。 さらなる生産性向上を実現するために有効なツールとしてRPAに期待 SMBCグループの中核企業である三井住友銀行では、以前より業務改革に取り組んでおり、例えば2010年の本店移転を機に紙ベースからデジタルベースの働き方へシフトしている。こうした長年にわたる改善努力も奏功し、国内で […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使い」のポイント

RPAツール、開発元はどう使う?――「MinoRobo」開発企業に聞く「普段使…

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

「少量・多種」対応で地域のロボット化をリード――“最古の銀行”第四銀行が切り開くRPA 最前線

「少量・多種」対応で地域のロボット化をリード――“最古の銀行”第四銀…

RPAを草創期に導入した先駆者が考える業務効率化3つのポイントとはーー日本生命の全社展開最前線

RPAを草創期に導入した先駆者が考える業務効率化3つのポイントとはー…

グローバル大企業で多数のRPA成功事例を持つBlue Prismが大切にする製品への想いと今後の製品ロードマップ――Blue Prism CTOデイビッド・モス(David Moss)氏に聞く

グローバル大企業で多数のRPA成功事例を持つBlue Prismが大切にする製…

クラウド上で広がるRPAの可能性とは――日本マイクロソフトのクラウド責任者に聞く

クラウド上で広がるRPAの可能性とは――日本マイクロソフトのクラウド責…

「RPAの限界」を突破するには――ベトナム最大手IT企業の日本法人FPTジャパンホールディングスに聞く

「RPAの限界」を突破するには――ベトナム最大手IT企業の日本法人FPTジ…

現場が効果を実感できるRPA活用を−−ジョンソン・エンド・ジョンソン社の事例にみる、現場部門とIT部門の二人三脚の連携体制

現場が効果を実感できるRPA活用を−−ジョンソン・エンド・ジョンソン社…