TIME TABLE

タイムテーブル

メイン講演 タイムテーブル

9:00 - 9:10

開催挨拶

ムーギー・キム 氏

ムーギー・キム 氏

AI Partners (Singapore)共同代表
ブルーオーシャングローバルネット ワークメンバー
「最強の働き方」「一流の育て方」著者

9:10 - 10:00

日本のスーパーシティ構想とAI戦略

竹中 平蔵 氏

竹中 平蔵 氏

元経済財政相、元総務相
内閣日本経済再生本部未来投資会議(民間)議員
内閣府国家戦略特別区域諮問会議(有識者)議員

人工知能(AI)を活用し、社会のあり方を根本から変えるような都市設計の動きが国際的に急速に進展しています。日本でも2030年頃に実現される最先端都市「スーパーシティ」構想に実現に向けて、国家戦略特区制度を活用し、2019年夏以降に公募で選定した複数の自治体で実証を開始する予定です。行政手続きの自動化、エネルギーやリサイクルの最適化、車両の自動走行、遠隔医療や教育、キャッシュレス化等、すぐ先の未来、日本はどのように変化していくのか、また変化をいち早く理解し、ビジネスチャンスを見極め着手するために何をすればいいのか。次のアクションをいち早くキャッチアップするべく、小泉政権下で要職を歴任し、現在も内閣日本経済再生本部未来投資会議(民間)議員、内閣府国家戦略特別区域諮問会議(有識者)議員、またスーパーシティ構想の実現に向けた有識者懇談会の座長も務められる竹中平蔵氏に余すところなく語っていただきます。

お申し込みはこちら

10:00 - 10:40

Antworksのご紹介と、SBI損保における導入成功事例

山田 聡 氏

山田 聡 氏

SBI Antworks Asia株式会社
CEO

松尾 茂 氏

松尾 茂 氏

SBI損害保険株式会社
常務取締役 執行役員

小谷 雅俊 氏

SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社
担当部長

Antworks社は、次世代の統合型業務自動化ソリューションであるANTsteinを独自に開発したソフトウェアメーカーです。
ANTsteinには、従来のRPA機能はもちろん、CMR機能(Cognitive Machine Reading:フラクタル理論を用いた最先端のパターン認識)、そしてAIが一体となって搭載されています。今回は、SBI損保における導入成功事例も併せてご紹介いたします。

お申し込みはこちら

10:50 - 11:30

AIによる企業革新:大企業が迅速にAI化を進める上での要点と、問題点

Ning Zhou 氏

Ning Zhou 氏

Microsoftシニアプログラムマネージャー
清華大学コンピューターサイエンスPHD

AI研究開発と適用が進む北欧諸国。現在はマイクロソフトのノルウェーオフィスで勤務し、データサイエンスで世界最高峰の研究機関と目される中国・清華大学で人工知能を研究し、PHDを保有するNing Zhou氏を招聘し、大企業が迅速にAI化を進める上での要点と、問題点について語っていただきます。企業イノベーションに成功するケースでは、AIを企業のもっとも重大な課題解決に用いますが、多くの失敗事例ではそうではありません。当日はAIを大企業に浸透させるうえで、様々な戦略、組織構造およびカルチャー選択をヨーロッパの事例などを交え論じます。また、企業幹部が自社のAIプランをレビューする上で確認すべき、実践的なチェックリストも紹介します。

お申し込みはこちら

11:30 - 12:00

「AIの大衆化」から「AIの民主化」へのHOP

中村 吉信 氏

中村 吉信 氏

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

現在多くのAI/Cognitive技術が公開されてきており、多種多様なサービスに組み込まれるようになってきました。これにより意識せずにAI/Cognitive技術と触れ合えるという文脈で「AIの大衆化」が進んできています。ただ従来のシステム導入と同じ意識では上手くいきません。そこで本講演ではAIが大衆化してきた背景および「大衆化から民主化」への意識の切り替えの必要性を事例とともに紹介します。

お申し込みはこちら

12:10 - 12:40

ランチよりも大切な、AIの基本~AI開発を巡る、世界的な論点

ムーギー・キム 氏

ムーギー・キム 氏

AI Partners (Singapore)共同代表
ブルーオーシャングローバルネット ワークメンバー
「最強の働き方」「一流の育て方」著者

今回のHop AI-TGIFカンファレンスは、AIの基本を押さえることを主要目的の一つに据えています。ただAIというと難しそうで敬遠されがちだったり、定義が曖昧なまま様々な使われ方をしたりで、そもそもAIで何が出来て何が出来ないのかに関する理解が十分に浸透していないのが現状です。本セッションは米国・英国・中国をはじめ世界中のAIカンファレンスの議題や討論内容の分析に基づき、世界で議論されるAIの基本的論点を一気に紹介します。

お申し込みはこちら

12:40 - 13:10

AIで変わる製造業、最新事例

徳田 有美子 氏

徳田 有美子 氏

株式会社ABEJA
Use Case事業部部長

AIにより製造業はどのように変わるのか、いま何をすべきか。具体的なステップや社内AI人財の育成手法などを紐解きながら、製造業へのAI活用検討、熟練工の行動分析やメンテナンスサポートの効率化等の事例を紹介。

お申し込みはこちら

13:20 - 14:00

AI導入入門の基本と実践―AIプロジェクトの始め方と注意点~大量のAI導入プロジェクト実行からの教訓

石井正太

石井 正太 氏

株式会社ティビダボ 創設者

石川 恵理香 氏

株式会社ティビダボ 創設者

当セッションでは、AI導入経験のない大半の企業および参加者の皆様に向けて、外資系コンサルティングファームおよびITファームで多数のクライアント企業へのAI導入プロジェクト経験を有する講師陣が、AI導入の基本と実践的な打ち手、およびAI導入で不要なコストをかけ過ぎたり失敗しないための要点について、解説します。
講師は自らがAI分野で起業をしつつ、豊富なAIプロジェクト導入の経験を活かして日本企業に対してAI導入の支援及び研修を行う株式会社ティビダボの創業経営陣のお二人です。ハーバード大学、MITなどでIT, AIビジネス、データサイエンス、ビッグデータを学び、多数のAI導入・RPA導入を始めとした自動化プロジェクトに参画してきた御経験から、AI導入の“イロハ”と、“失敗しないための要点”について、余すことなく講演して頂きます。

お申し込みはこちら

14:10 - 14:40

妄想無しのAI適用とRPA連携による業務高度化のポイント

遠藤 国枝 氏

遠藤 国枝 氏

RPAテクノロジーズ株式会社
Solution Lab R&D本部 AI Solution部 AI Solution部長

生産性向上に向けて期待されているRPAとAI。ですが、なかなか、具体的にどのように取り組めばよいのか、具体的な議論が進まない状況です。
AIサイドからRPAビジネスに参画した経験から、なぜAI導入を検討する初期に迷いやすいか?のAI検討初期に抑えるべきポイントと、RPAとAIの連携のポイントと成功事例を、AI、RPAの両面から紹介します。

お申し込みはこちら

14:50 - 15:30

シンガポール金融機関における、自動化とAI活用、ビジネスモデル変革の実態

Rudy Lim 氏

Rudy Lim 氏

DBS フィンテック最高責任者

自動化が最も進んでいる金融機関として注目されるシンガポール最大の金融機関、DBSにおいて、その自動化を推進するフィンテック部門のヘッドを務めるRudyLim氏を招聘し、実際の現場でどのようにAIを含めた自動化が進展しているのか、豊富な実例を交えて講演して頂きます。DBSは最もデジタル化が進んだ起業家精神あふれる金融機関として世界的に高い評価を受けており、各国の金融機関がその“金融機関の変革ノウハウ”を学ぶモデルケースとしても注目されています。RudyLim氏はまた、スイスの著名ビジネススクール IMDにおいて、金融機関のトランスフォーメーション推進実務を教える講座も担当。大企業の組織・カルチャー変革やスタートアップとの効率的な協業についても語っていただきます。

お申し込みはこちら

15:40 - 16:10

AIとRPAで「見て」「読み解いて」「決める」

秋本 尚吾 氏

秋本 尚吾 氏

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
シニア セールス エンジニア

企業活動が進むほどに業務アプリケーションが増え、帳票が大量になり、RPAやAPIを利用した自動化の必要性が高まります。
本セッションでは、Automation Anywhereが提供するAIやRPAを含めたデジタルワークフォース プラットフォームによって、どのように「見る」「読み解く」「決断する」といった人間が行っている作業の自動化を実現するのかを解説いたします。

お申し込みはこちら

16:20 - 17:10

AI先進国、中国のAI研究権威に聞く!
中国におけるAI開発最前線―オープンソースソフトウェアに基づくAIツールの活用

胡包钢 氏

胡包钢 氏

中国科学院 教授

AI分野でアメリカと並び世界最先端を行く中国の、科学技術の最高権威とされる中国科学院において、中国最先端のAI研究チームの一角を率いる胡教授を招聘し、世界最先端のAI研究と、教授の専門分野の一つでもあるオープンソースソフトウェアに基づくAIツールの活用事例についてご講演頂きます。Googleのアンドロイドを初め、多くの重要なイノベーションはオープンソースソフトウェアの潮流の中で生み出されました。AIも現在オープンソースの環境の中で開発が進んでおり、様々なフレームワーク・ライブラリがデベロッパーに提供されています。このことは企業がAIを導入することをより容易にし、技術に対する信用度を高めています。当日はAIの開発や応用の促進に不可欠なオープンソースコミニュティに関しても深くご講演いただきます。

お申し込みはこちら

17:20 - 18:00

AI起業から3年、世界各国への事業拡大から学んだAIで出来ること・できないこと

綱川 明美 氏

綱川 明美 氏

AI起業家
株式会社ビースポーク 代表取締役

現在、旅行業界のAI起業家として世界各国に事業を拡大し、世界各国のAIカンファレンスで講演もこなす綱川明美氏。創業後わずか3年でマリオットホテルをはじめとする世界的なホテルチェーン、成田空港や東京駅など交通のハブ、また京都市など行政機関において、多言語対応のAIチャットボットサービスを開発・提供するBespoke, Incの急成長を牽引してきた綱川氏に、様々な試行錯誤の結果からわかった「AI活用で出来ること、できないこと」及び、AIを通じた業務改善プロジェクトの進め方の実務について講演して頂きます。
またBeespokeは世界有数のAIエンジニア35名(全員が外国人)を抱える有力企業としても注目されており、企業のAI対応力の要ともいえる、AIエンジニアの採用・育成・マネジメントの要諦についても実践的な教訓を共有して頂きます。

お申し込みはこちら