共有する

アリババによる人工知能を活用した観光地スマート化第一弾が杭州の観光地でスタート!

アリババが提案する新しい観光のあり方「未来景観区」とは? 9/21 アリババグループにおいて旅行部門を統括する企業「Fliggy(フリギー)」は、テクノロジーを活用しアップグレードした観光地第一弾として、杭州にある国立公園「杭州西溪国家湿地公園」を一般公開した。スマート入場券発券システム、スマートナビゲーション機能、ビッグデータを活用したスマート観光、観光地向けニューリテールなどの機能を新たに導入したという。

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

    None Found