ログイン

共有する

ロボットとは?

2016年の現在、私達の生活はロボットなくして機能しなくなっているといっても過言ではないのだろうか。 ロボットとはなんなのだろうか?  まず、ロボットと聞いて、何を想像するだろうか? 多くの方は、鉄腕アトムやガンダムのような2足歩行型、あるいは自動車工場などで働く、重量のある部品すら正確に配置するアーム型といったようなどちらも実体を伴う”機械・装置”を思い描くのではないだろうか。  

ロボットの定義

定義

そこで、ロボットの定義について触れてみたいと思う。 現在一般に、ロボットが何を意味するのかは”明確な”定義は存在していない。 しかし、特定の分野においての、定義は存在している。それは、「産業用ロボット」である日本工業規格(JIS)によると、「自動制御によるマニュピレーション機能または移動機能を持ち、各種の作業をプログラムにより実行でき、産業に使用される機会」が産業用ロボットとなっている。 それに加えて、経済産業省の「ロボット政策研究会」はロボットの要素として3つあげている。「センサ、知能・制御系、駆動系」の3つがあるものをロボットとして広く定義している。さらに別の言葉で定義で「知能化した機械システム」とも示している。

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!