ログイン

共有する

複雑怪奇な超データ社会!ビッグデータの真の活用に必要なことを紹介!

4日間でGoogle社1つ分!?急速膨張する、超ビッグデータ社会のリスクを掴め!

Laptop of a businesswoman exploding

今日の世界全体において、「データ」はとてつもない速度で増加を続けています。

シリコンバレーのAcdressen Horowits社によると、「世界は2.5×10の18乗ものデータ量を毎日作り出している。そのデータ量を換算すると、4日間でグーグル社を1つ作り出すのと同等である。さらに、その増加速度は日に日に速まっている。」とのことです。

事実、今日この瞬間の全データの90%以上はここ2年間の間で作り出されたとも考えられています。

この事実から私たちは、ある「リスク」を読み取る必要があります。

それは「ビジネスリーダーにとって、意思決定は日に日に困難になっている」ことです。

データ総量がこれ程膨大になっては、取捨選択すら極めて困難です。

つまり、「データ活用は重要なのに、その実践が日に日に難しくなっている」という皮肉な状況にあるのです。

その悪戦苦闘の様子は、後述の通りです。

  

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!