ログイン

共有する

RPAを活用した業務プロセス大革新~実践編

 今回のお題目は、「RPAによるイノベーション」と「BPOによるイノベーションのために必要なこと」の2点! 前回の記事にて、「ビッグデータと、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)に台頭によって、アウトソーシングによるイノベーションの推進が可能になった」と、紹介致しました。 今回の記事では、特にRPAがイノベーションにどのように貢献するか、また、BPOによるイノベーションのためには如何なる要素や準備が必要となるか、これらの2点を紹介したいと思います。   RPAの貢献!BPOが一層イノベーティブになれたわけ

Robo girls with outstretched hand

繰り返しになりますが、BPOによるイノベーションを可能にした革命児の片割れが、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)です。 RPAは基本的に、高性能ソフトウェアを利用して、労働者が実際に行うオペレーション業務を反復します。 RPAはシステム展開の上でのスピードやフレキシビリティという点において従来のそれとは異なります。 RPAは再プログラミングなど抜きに、人によるデータ入力、レポートチェック、書式処理等の面倒な手作業すら迅速に真似て再現します。

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!