ログイン

共有する

RPAを活用した業務プロセス大革新~導入編

ただ安上がりなだけではない!近年のアウトソーシングが持つビジネス的意義とメリット!

Smiling businessman sitting at the table

「アウトソーシングはコスト削減以外に使い道がない」と思っていませんか? いえいえ、そんなことは決してありません。 むしろ近年では、「アウトソーシングの活用によって、社内変革をせずにイノベーションを起こせる」という考えが主流となりつつあるのです。 ここでは、アウトソーシングプロバイダーとそのクライアントにとっての課題とチャンスの両方を紹介します。  アウトソーシングアドバイザーのAecus社(旧Alsbridge plc)の最新報告によると、多くの企業は現在、なにもコスト削減のためだけにアウトソーシングを活用しているわけではないようです。 むしろ、その活用によって社内でのイノベーションすら進められると考えているようです。 Aecus社の調査によると、CEOや企業のステークホルダーの83%はプロセスアウトソーシングがイノベーションに繋がり得ることを認識しています。  また、ここでの「アウトソーシングによるイノベーション」とは限定的なものではありません。

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!