共有する

Power Automate Desktopの最新情報とAI-OCR「Tegaki」の連携を紹介!RPALT

今回は、RPACommunityで開催した Power Automate Talk vol.12 のレポートをお届けします。

はじめに

Power Automate Talk vol.12 概要

Power Automate Talk vol.12 は、2021年6月25日(金)にオンラインでZoom開催。今回は「Power Automate Desktop」とAI-OCR「Tegaki」の連携について紹介しました。登壇者は、株式会社ASAHI Accounting Robot 研究所(通称:ロボ研)さんと株式会社 Cogent Labsさんでした。

Power Automate Desktop最新情報

まずは、Power Automate Desktopの最新情報(2021/6/25時点)について、ロボ研 佐々木さんより紹介いただきました。

ロボ研_佐々木さんロボ研 佐々木 伸明さん

Power Automate Desktopの最新情報はPower Automateの公式ブログ で更新されていて、こちらで情報をキャッチできます。
また、ロボ研のTwitterアカウント でも最新情報を発信しているとのこと。ぜひ、フォローをよろしくお願いします。

・「Desktop フローを実行」アクションの追加

フロー内から既に作成済みのデスクトップフローを呼び出すことが可能になりました。入出力変数も利用できます。これにより、小さなフローを沢山つなげて、大きな自動化フローを構築できます。汎用性のあるフローを部品化して、より効率的な開発が可能となります。

・イメージレコーダーへの自動切替

画像認識によるレコーダー機能の更新です。リモートデスクトップ(RDP・Citrix)を認識すると、リモートデスクトップ上にPower Automate Desktopが入っていなくても、自動的に画像認識によるレコーダーに切替えます。

・Windows 関連アクションの設定の改善

「Windowsの環境変数を設定・削除する」など、今までは自分で設定しなければならなかったところが、プルダウンで選択式となり、より開発がしやすくなりました。

Windows 関連アクションの設定の改善

・「MODI OCR エンジンを作成」アクションを非推奨

「MODI OCR エンジンを作成」アクションが7月の更新で、「Tesseract OCR エンジンを作成」アクションが8月の更新で廃止されます。どちらも使えなくなるという訳ではなく、「OCRを使ってテキストを抽出」というOCR関連アクションに統合されます。

・その他の更新

最後に、公式ブログでは紹介されていないのですが、ロボ研が独自で発見した更新も紹介します。

その他の更新

Power Automate Desktop & Tegaki について

Power Automate Desktop と Tegaki について鈴木達也(愛称:T2)さんよりご紹介いただきました。

ロボ研_鈴木達也さんロボ研 鈴木 達也さん

AI-OCRとは、簡単にいうと、「文字を読み取る」作業を代行してくれるものです。

AI-OCRを使うと、紙データから文字を起こす作業や検索が発生する作業で役に立ちます。例えば、AI-OCRで文字起こししておくと、全文検索という機能を使って必要な資料をキーワード検索で探し出すことができます。請求書や注文書、申込書等あらゆる書類で、活用できます。

そんなAI-OCRサービスの中から、手書き文字が読める高性能AIをもつ「Tegaki」を紹介します。
この「Tegaki」をロボ研が選んだ理由は、「開発している人たちの働いている姿を見て信用できたから」とのこと。AI-OCRはどのサービスも精度が高く日々進化を続けています。自分たちが使い易いもの・使い続けることができる製品を選択しましょう。

Tegakiでは、Template API、Form API、Request API の3つのAPIが用意されています。このAPIを活用して自動化するのですが、Power Automate Desktop の標準アクションでは、画像を送ることができません。そこで、ロボ研で連携用のフローを用意しています。
自分で自動化の仕組みを作ってみたいという方は、Windowsの「curl」を使って作成できます。ぜひ、挑戦してみてください。

Tegaki APIの仕組みPower Automate Desktop とTegaki を連携させることで、利用者はより簡単かつ直感的にAI-OCRの機能を利用することができます。また、有償版でも比較的安価な為、運用コストも抑えることができます。後処理も自動化でき、Tegakiとの通信部分をパーツ化することで、様々な帳票への流用も簡単になります。

「Microsoft From Recognizer」「Google Vision API」「Cogent Labs Tegaki」と3つのOCRでの検証企画も用意されていました。こちらの結果は、動画にて 29:47頃~ 紹介されていますので、ご確認ください。

色々なOCRで検証企画

最後に、コージェントラボ 岩瀬さんよりTegakiの読み取りチャレンジ3連発、「韓国語を読む」「定義なし!設定なし!フリーフォーム」「エッジAI?Androidで1秒以内でOCR?」の3つを紹介いただきました。

コージェントラボ_岩瀬さんコージェントラボ 岩瀬さん

近日リリース予定、フリーフォームの書類にも対応した非定型帳票OCR(全文OCR)のベータ版も紹介。ベータ版では認識結果をJSONへ出力していますが、製品版では「テキスト付PDF」の出力にも対応予定とのこと。

契約書、約款、図面、実験レポート、議事録などの非定型帳票データ化に活用できます。

非定型帳票OCR(全文OCR)のベータ版

更なる成長を続けるAI-OCR「Tegaki」に今後も目が離せません。
詳細は、YouTubeにアップしていますので、こちらも併せてご確認ください。

まとめ

最後はオンライン集合写真

集合写真RPACommunity Power Automate Talk vol.12 集合写真

ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

イベント当日のツイートまとめ

RPACommunityのYouTubeチャンネルではイベント動画も閲覧できます。イベント動画は随時アップしていきますので、チャンネル登録 もよろしくお願いします。

ライター Ayy 編集 Mitz

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事