ログイン

  • TOP
  • コラム
  • RPAは結局何ができるの?RPA得意分野4選

共有する

RPAは結局何ができるの?RPA得意分野4選

前回の記事であるRPAとは?日本の労働人口の49%を代替するデシタル労働者ではRPAの基本情報について紹介した。
今回は、具体的にRPAはどのような用途や目的の下で活用できるのかを、事例をあげながら紹介していきたい。

RPAができること・業務

業務1:定型作業の処理(バックオフィス・タスク)

定型作業の処理(バックオフィス・タスク)

「ロボティック  プロセス  オートメーション(Robotic Process Automation)」の略語である『RPA』。この用語の「プロセスオートメーション」とは、データ入力やオンラインでの注文書の発行、オンラインアクセスの認証情報作成等々、複数の連なるシステムへの連続アクセスを必要とする業務プロセスの自動化のことである。
『RPA』は定型作業やルーチン作業の処理を行うには最適のシステムだ。
前回の記事でも触れたが、従来のITシステムでは逐一すべてのアプリを人の手で起動し実行しないといけないのに対し、RPAシステムは、人の代わりにアプリを自動的に起動してくれる。
これまで、いちいち各アプリケーションを操作するにかかっていた手間が省けるのである。

特に、財務、調達、サプライチェーン、経理、顧客サービスおよび人事など、数多くのITサポートシステムを使用することが多いバックオフィス・タスクは、RPA化によって業務の所要時間の大幅な短縮と生産性の向上が見込める。
また、RPAの導入であれば大抵の場合、既存のIT環境や設備を殆ど変更することなく実行可能である。

一例として、交通費精算業務を挙げてみよう。従来のやり方だと、提出された申請書を見ながら、経理担当者が適正な交通費を調べ、経理システムに入力というプロセスが必要だ。
だが、RPAを導入すれば、この一連の流れを自動化できる。自動化によって、人件費削減はもちろんのこと、人間より速く正確に処理することが可能になる。

このように、「ルールと手順がしっかり決められた定型処理作業」はRPAが最も得意とするものの一つであり、その時々の需要の増減に応じて、処理手続きの範囲やスケールも容易に増減させることができるのも特徴である。
RPAを駆使することで、「正確で素早いだけでなく、柔軟なカスタマイズができる自動処理システム」が簡単に導入できたことになる。

関連記事

RPAで中断したキャリアが花開く。~「今の自分にベストな働き方」~

RPAで中断したキャリアが花開く。~「今の自分にベストな働き方」~

ロボットが同僚に?第4次産業革命の本命「RPA」がビジネスの根底を変える

ロボットが同僚に?第4次産業革命の本命「RPA」がビジネスの根底を変…

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見…

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみた…

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエスト…

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BANK)

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BAN…

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~「朝、子どもと過ごせる30分の幸せ」~

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~…