ログイン

共有する

移り行く時代、増していくCIOの存在感!それは一体なぜ?

CIOと情報の「地位」を押し上げるもの、それはRPA!

ThinkstockPhotos-485228715

「情報」というものは、かつては「いかにしてそれを守るか」ということばかりに焦点が当てられてきました。 しかし、時代の流れと共に、かつてはセキュリティによって守られるものでしかなかった「情報」というファクターの位置づけと認識が変わりつつあります。 つまり、情報は最早ただの「保護対象」ではなく、「武器」になり得るものとなったのです。 そしてそれに伴い情報戦略というものの意味や在り方も急速に変化しつつあります。   この「情報戦略」を取り巻く意識の変化、その後押となった要因の一つはRPAの発達でしょう。 つまり、RPAの勃興によって情報戦略の在り方がさらに変わり、企業にとってその重要性が一層増したのです。 そしてそれ故にRPA活用することで時代に即した効果的な情報戦略を打てる世界になってきました。 今やRPAをうまく活かせるかどうか、そして時代に即した情報戦略を構築できるかどうかは企業の成長を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

関連記事

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①