共有する

今更聞けない?人工知能って具体的にどう役立つの?

AIとは

今回はRPAについて語る上では欠かせない、AIについての記事となります。AIとはもちろん人工知能の略称のことで、その名を耳にしたことすらないという人は、今やほとんどいないでしょう。
簡単に説明しますと、人工知能とは人間の脳で行われる知的活動の模倣と再現を試みたシステムの総称です。

例えば、自発的な人間の言語の理解や論理的な推論、経験からの学習などを行うシステムのことです。
今回はそんなAIがビジネスや公共活動にどれ程の恩恵と利益をもたらすか、またどのように活用されているかなどについて、実例を用いて紹介したいと思います。  

小売り?農業?なんでもござれ。ビジネスでの導入例!

ThinkstockPhotos-510241426

今日では非常に多種多様な業界と企業が、その利益の向上と経営マネジメント・改善のために人工知能を取り入れており、おもちゃメーカー等のような比較的ローテク分野の企業ですらその商品開発に導入しています。例えば米国の最新の人形は、あらゆる母国語の子どもたちとの疑似的な会話が出来るように、言語能力に長けた人工知能との無線LANによる接続と通信が可能となっています。

一方で、小売業者などもAIの活用に強い興味を示しています。AIによって、以前よりずっと効率的なビッグデータの活用が可能となるからです。事実、現時点でAIは既に、何百もの変数を計算しデータ分析を行うことで顧客の購買の分析を行っています。これは、一昔前のNASAが苦戦したレベルの計算です。

また別の意外な例ですと、農家によるAIとRPAの活用があります。豪州と北米の一部の農家ではAIが作物の収穫において欠かせない存在となっています。収穫機はAIが自動で操縦し、また穀物生産高のデータは自動で収集し記録することが可能です。また、作物の状態を分析することで、肥料の種類や分量を自動で変更するという芸当すら実践されているのですから驚きです。

2.AIで街づくり?

ThinkstockPhotos-520091504

前項では、主にビジネス界におけるAIの活用方法やその例を紹介させて頂きました。

 ですが何も、AIの活用を推し進めているのはビジネス界だけではありません。よりパブリックな領域でも、インフラ整備の一環のために利用されつつあります。

例えばインドでは、IoTと組み合わせることで、一部の町の環境整備のために実験的に導入されています。IotとはInternet of Thingsの略で、直訳すると「モノのインターネット」という意味になります。その名通り、従来はインターネットと直接的な関わりのなかった機器をインターネットに接続し、その状態や動作の情報を収集し確認する技術のことです。

身近な例ですと、例えばエアコンなどの家電機器の電力使用状況や、車の走行距離や残存ガソリン量などのデータを自動でサーバに転送し保存してくれます。この技術によって収集した膨大で広範囲に渡るデータに、AIによる自動情報分析を加えることで様々なプロジェクトが実行可能となりました。

例えば、町中のごみ箱が満杯になると通知が役所に届くなどといったように、スマートシティ作りの推進剤となっています。他にも例えば信号は、交通量の増減に合わせて灯火の切り替えタイミングなどを自動で調節してくれます。駐車場では、満車の際には他の近所の駐車場で空きのあるところを自動で検索しドライバーにその場で通知してくれます。もちろん、まだまだ試行錯誤の最中のプロジェクトではありますが、その精度などが完成の域に到達する日は近そうです。

終わりに

 今回は、RPAの一種ということでAIにフォーカスさせて頂きました。
メディアでの取り扱いを見ればわかるように、AIの発達ぶりとそのインパクトは目を見張るものがあります。ですがそれをうまく活かすことで、ビジネスにおいても、また、人々の生活の質という点においても、大きな恩恵が見込めます。

 AIはアイディアと活かし方次第で、単なる変化ではなく、むしろ絶好の追い風にできるのです。

関連記事

    None Found