ログイン

企業がRPAを取り入れるべき4つの理由とは     

RPAの簡単な復習 以前の記事でも既に何回か述べましたが、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)は、ルーティーン業務を容易に自動化することで企業とその労働者を大きくサポートする技術です。 本記事では、このような業務の自動化によってRPAがもたらす利益を紹介致します。   1.25%-50%のコスト削減 ThinkstockPhotos-468750273 一般的には、RPAの適用によって従来のマンパワーに比べて25-50%のコスト削減が実現できると言われています。 もちろんケースバイケースではありますがRPAによるロボットの導入と維持にかかるコストは大抵の場合、派遣のフルタイム従業員一人の月給の三分の一ほどで済みます。 また当然ながら、RPAのロボットは24時間365日稼働することができます。 三分の一の費用で常に、人よりもずっと高い制度とスピードで業務をこなすわけです。 一般的にRPAによるロボット一台で正規職員2〜5人分の仕事を行うことができるとも言われており、また、米国のとある企業はRPAを導入することで、ルーティーン業務の処理スピードが60%向上し、またIT障害などの問題の過半数は主導の操作を必要とせずRPAのロボットがオートで解決したとのことです。 その対費用効果の大きさには目を見張るものがあります。

関連記事

WinActorでロボットを作ろう!その③

WinActorでロボットを作ろう!その③

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

WinActorでロボットを作ろう!その②

WinActorでロボットを作ろう!その②

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第5話】ロボットにスケジュールの設定をしよう!

【第5話】ロボットにスケジュールの設定をしよう!