ログイン

  • TOP
  • コラム
  • 企業がRPAを取り入れるべき4つの理由とは     

共有する

企業がRPAを取り入れるべき4つの理由とは     

RPAの簡単な復習

以前の記事でも既に何回か述べましたが、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)は、ルーティーン業務を容易に自動化することで企業とその労働者を大きくサポートする技術です。
本記事では、このような業務の自動化によってRPAがもたらす利益を紹介致します。

1.25%-50%のコスト削減

ThinkstockPhotos-468750273

一般的には、RPAの適用によって従来のマンパワーに比べて25-50%のコスト削減が実現できると言われています。もちろんケースバイケースではありますがRPAによるロボットの導入と維持にかかるコストは大抵の場合、派遣のフルタイム従業員一人の月給の三分の一ほどで済みます。また当然ながら、RPAのロボットは24時間365日稼働することができます。

三分の一の費用で常に、人よりもずっと高い制度とスピードで業務をこなすわけです。一般的にRPAによるロボット一台で正規職員2〜5人分の仕事を行うことができるとも言われており、また、米国のとある企業はRPAを導入することで、ルーティーン業務の処理スピードが60%向上し、またIT障害などの問題の過半数は主導の操作を必要とせずRPAのロボットがオートで解決したとのことです。その対費用効果の大きさには目を見張るものがあります。

関連記事

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BANK)

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BANK)

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~「朝、子どもと過ごせる30分の幸せ」~

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~「朝、子どもと過ごせる30分の幸せ」~

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜