ログイン

共有する

加熱する小中学生向けプログラミング教育市場

( Writer : 幾谷 )

【小学生からプログラミングを学ぶ時代】

いま小学生向けプログラミング教室が増加を続けていることをご存知でしょうか?

例えば,Cyberagentの子会社CA Tech Kidsは2013年5月から小・中学生向けのアプリ開発教室を開講しています[1].この事業は拡大を続け,東京のみでスタートした開発教室が,今では大阪,沖縄を加えた3都市で開講されています.

現存する市場はまだ発展途上にあり,教室を開いている企業の多くが設立5年未満の新しい会社です.

しかしながら,日常的にスマートフォンやタブレット端末を触る若い世代の中でプログラミングを学びたいと考えている潜在数は計り知れません.

また小・中学生向けプログラミング教育の動きは行政からの注目も集めているようで,経済産業省が出しているIT人材に関する資料にも,この市場についての言及が見られます[2].したがって今後,国家単位の支援や市場の活発化の可能性が見込まれます.

そこで今回は,現在開講されているプログラミング教室をいくつか紹介し,これからどのような動きになりそうかを考えます.

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!