この記事は他の会員がシェアした記事です。
他の記事をご覧になりたいかたは、ぜひ会員登録を

無料会員登録する

  • TOP
  • コラム・マンガ
  • 「RPAの操作を覚えるより目の前の仕事が大事」。そんな気持ちを変えたロボットの魅力とは——RPA座談会レポート

共有する

「RPAの操作を覚えるより目の前の仕事が大事」。そんな気持ちを変えたロボットの魅力とは——RPA座談会レポート

連載「ロボットを活用した未来のジョブディスクリプション」の企画背景について

ソフトウエアで定型業務を効率化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は現在、主にオフィスワークを支える“サポート役”として普及が進んでいる。

2015年の国勢調査によると、国内で雇用されている就業者全体に占める「事務従事者」は22.2%(約1,036万人)。その3割近い派遣・パート・アルバイトなどの非正規雇用においては女性が圧倒的多数(85.1%)で、正規雇用を合わせた事務従事者の男女比でも女性が優勢(58.6%)となっている。RPAが今後どこまで多くの企業に浸透していくか、カギを握るのは「オフィスで働く女性からの支持」と言ってよいだろう。

そこで今回、RPAツール「RPARobo-Pat(以下RPAロボパット)」を実務に使っている事務職の女性7人が集まった「RPAロボパット座談会」に潜入。ユーザー同士で交わされたリアルな声を紹介する。

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事