ログイン

  • TOP
  • コラム
  • テクノロジーに導かれたスポーツの行き着く未来

共有する

テクノロジーに導かれたスポーツの行き着く未来

(Writer:鈴木)

【スポーツへの関心の大きさ】

2015年5月13日、スポーツ庁を設置するための文部科学省設置法改正案が、参院本会議で満場一致で可決・成立した。今年10月に、文部科学省の外局として「スポーツ庁」が発足する。

これに先立ち、文部科学省は、平成22年8月26日文部科学大臣決定において、スポーツ立国戦略を示しており、そこでは以下の重点戦略5点が明示されている。(※1)
・ライフステージに応じたスポーツ機会の創造
・世界で競い合うトップアスリートの育成・強化
・スポーツ界の連携・協働による「好循環」の創出
・スポーツ界における透明性や公平・公正性の向上
・社会全体でスポーツを支える基盤の整備

これらの戦略を遂行するにあたり、テクノロジーの果たす役割が大であることは想像に難くない。特に「世界で競い合うトップアスリートの育成・強化」、すなわち競技レベルの向上において、テクノロジーの担う役割は近年飛躍的に重要なものとなっている。

 

【競技レベルの向上とテクノロジー】

競技レベルは主に以下の要素によって決定づけられる
①競技者の個人能力
②競技戦略
③ジャッジメント
いずれの要素も既にテクノロジーと切っても切れない関係にある。

①競技者の個人能力の向上
競技者の現在の客観的な能力をデータ化し、足りない能力を補うトレーニングメニューを作成する、という典型的な分析テクノロジーは言うまでもなく、そもそもその前段階として、遺伝子情報や身体的特徴を分析し、競技の向き不向きを判定して、各個人に向いている競技に誘導するということが既に行われている
(※2)また、プロスポーツチームが有望選手のスカウトにビッグデータを活用するケースも現れており、今後間違いなく増加してくと思われる。(※3)

関連記事

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BANK)

RPAがスモールビジネスの生産性向上を実現する(経営ハッカー×RPA BANK)

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~「朝、子どもと過ごせる30分の幸せ」~

働くママがロボットとの協働で見つけた仕事のやりがいと家庭の両立 ~「朝、子どもと過ごせる30分の幸せ」~

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜