ログイン

共有する

Apple Watch発売!今押さえておくべきウェアラブルデバイスの特性とは

(Writer:笠井)

【広がるウェアラブルデバイス】

2015年4月24日、ついにApple社から待望のウェアラブルデバイスである、「Apple Watch」が発売される。
これによって、ウェアラブルデバイスの市場が大きく盛り上がっていくことになるだろう。

矢野経済研究所の調べによると、ウェアラブルデバイスの世界市場規模は、2013年で671万台、2017年には2億2390万台にもなるという。
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001308

日本では、まだ本格的な普及には至っていないようだが、「Apple Watch」の評価次第では、日本のウェアラブルデバイス市場が大きく盛り上がり、新たなビジネスチャンスが生まれていくことは間違いない。

そこで本記事では、海外での事例を基に、ウェアラブルデバイスのトレンドを探っていこうと思う。

【Owlet】
owlet

これは、乳児用のウェアラブルデバイスである。
足に装着することで、血中酸素濃度と心拍数を測定することができるというものだ。
https://www.owletcare.com/

さらに、血中酸素濃度や心拍数に異常がある場合に通知してくれるという機能をもつ。

関連記事

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第11話】でロボットを作ってみよう!その⑤〜組み合わせ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【第10話】WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①