ログイン

  • TOP
  • コラム
  • 【ビーコン活用事例】 JALが挑む、ビーコンとウェアラブルで業務効率化!

共有する

【ビーコン活用事例】 JALが挑む、ビーコンとウェアラブルで業務効率化!

(Writer:笠井)

プッシュ通知だけではない

これまでビーコンの利用方法といえば、プッシュ通知を利用して顧客にクーポンを送付するというような事例が多かったが、ビーコンの活用例はそれだけではない。ウェアラブルデバイスと共に利用することで、従来の業務を革新する取組みを今回紹介する。

100人ものスタッフの配置を可視化する

空港は広い―。
突然便が欠航になった場合や、搭乗ゲートが変更になった場合、スタッフの配置を変えなければならないし、その事態に関連する情報を迅速に把握する必要がある。その際に空港は広すぎて、スタッフがどこにいるかということを把握できていなかった。そのために、顧客への対応が遅れる事態も発生してしまう。

この状況を打破するために、ビーコンとウェアラブルデバイスが採用された。
空港の搭乗ゲートにビーコン端末を設置し、それにスタッフが身に付けるウェアラブルデバイスが反応して、スタッフをコントロールするセンターに位置情報を送信することによって、スタッフの配置を可視化している。
こうした取り組みによって、非常事態への対応が劇的に変化したという。

関連記事

【第14話】UiPathでロボットを作ってみよう!その②

【第14話】UiPathでロボットを作ってみよう!その②

【RPA BANK監修:図解】先進国で最低の生産性。沈みゆく日本を救う「RPA」とは何か?(NewsPicks×RPA BANK)

【RPA BANK監修:図解】先進国で最低の生産性。沈みゆく日本を救う「R…

RPAで中断したキャリアが花開く。~「今の自分にベストな働き方」~

RPAで中断したキャリアが花開く。~「今の自分にベストな働き方」~

ロボットが同僚に?第4次産業革命の本命「RPA」がビジネスの根底を変える

ロボットが同僚に?第4次産業革命の本命「RPA」がビジネスの根底を変…

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第13回】UiPathでロボットを作ってみよう!その①

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見てみよう!

【第12回】個人・小規模事業者には無償のサービスも!『UiPath』を見…

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみたRPAの魅力とは

RPAの経験が仕事への意識を変えたーーデジタルネイティブ世代からみた…

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエストコーナー〜

【第11.5話】WinActorでロボットを作ってみよう!番外編〜リクエスト…