ログイン

共有する

行政機関のビッグデータで躍進、米国の治安を守るスタートアップPREDPOL

(文責:笠井)

【行政機関に眠るビッグデータ】

「オープンデータ」という言葉を御存じだろうか。 統計データや犯罪情報など、行政が蓄積した公共データを、利用しやすい形で公開することを指す。 ビッグデータの利用が近年叫ばれている中で、行政に蓄積されたデータも公開する流れが世界中で起きているのだ。 特にアメリカでは、2009年に政府機関が保有する情報を公開するためのサイト「Data.gov」をスタートさせており、オープンデータに積極的である。 https://www.data.gov/ なぜこうしたオープンデータが進められているのだろうか。

【オープンデータが社会問題を解決】

こうした行政に蓄えられたビッグデータを公開することが、社会問題を解決する糸口になると考えているからだ。 オープンデータを利用する起業家や、経営者によって生み出された新たなビジネスが、雇用を生み出すことや、現存する社会問題を解決することを期待しているのだ。 特にアメリカでは、治安の維持が課題となっており、FBIの統計によると2012年では、主要犯罪(殺人,強姦,強盗,傷害,住居侵入,侵入盗及び非侵入盗)の認知件数が、約1034万人となっている。 http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=221(外務省渡航データ)

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

WinActorでロボットを作ってみよう!その④〜Webブラウザ編〜

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第9話】WinActorでロボットを作ってみよう!その③〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

【第8話】WinActorでロボットを作ってみよう!その②〜Excel編〜

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

RPA導入が業務部門主導のイノベーション巻き起こすーーNTTデータが考えるRPA導入の”王道”とは

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第7話】WinActorでロボットを作ってみよう!その①

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

【第6話】国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!