ログイン

国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

RPA BANKをご覧のみなさま、こんにちは!「RPAをはじめてみようかな」と思っている(でもIT関連少々苦手、という)みなさまに向けたお気楽RPA解説連載、「さるでき流 RPAのはじめかた」、今回で6回目です。

第1回〜第5回まで、「RPAってどんな感じ?」という部分についてザザーッととお話をさせていただきました。概念的なお話ばかりでは眠くなってきますので(主に書いているワタシが)、『BizRobo!』を使った、「はじめてのロボット作成」にも挑戦してみました。みなさま、いかがだったでしょうか?

『業務用とばかり思っていたけど、案外色々なことができそう』
『とは言え、使いこなすのは結構ムズカシそう。全項目英語だったし』
『コロボ君がとっても可愛かった。あんなロボットがウチにも欲しいね』
『解説に迷いが感じられた。さてはこの著者シロウトだな?』

なるほどなるほど。素晴らしい着眼点です。でもまあ、もう少しのんびりでも良いと思いますよ。まだ始めたばかりですしね、余裕を持って見て行くことにしましょう。え?最後の着眼点についてどう思うかですって?はっはっは、ワタシはコロボ君が毎日「応援メール」を送ってくれるので大丈夫でs…ぐすっ。

国産RPAツール『WinActor』を見てみよう!

…さて!

前回お話ししましたが、今回から気分を変えて、「新しいツール」に挑戦します。『まだまだBizRobo!が見たかったなー!』という方も大勢いらっしゃると思いますが、他のツールを見ることでわかってくる部分もございますので、どうぞ笑顔でお付き合いくださいませ。比較したほうがわかりやすい部分は、BizRobo!との比較も行っていきますよー。

それでは、気になる「新しいツール」をご紹介しましょう。今回から登場するRPAツールは、こちらです!

NTTグループがお届けする国産のRPAツール、その名も『WinActor(ウィンアクター)』です!いよーっ、ようこそー。

ここからしばらく「WinActor」と一緒にRPAの世界を旅していきます。一体どんなことが起こるのか、ドキドキ・ワクワクしながら進めていくことにしましょう。

【WinActor】

先ほどご紹介した通り、「WinActor」はNTTグループが提供している「国産」のRPAツールです。何が良いって、もうひと目でわかりますね。そう、『日本語』ですわ、奥様。

「WinActor」はNTTグループが提供している「国産」のRPAツールです。

現在世の中に出回っているRPAツールのほとんどは海外の製品です。ワタシもBizRobo!を使い始めて数ヶ月ほど経ちまして、ようやくDesign Studioがデスクトップにデーンと表示されても胃が痛くならなくならないくらいには慣れてきました。慣れてきましたが。

日本語の安心感たるや…もう、涙が出ます。

通勤の電車で聴く音楽は「洋楽」、週末に観る映画は「洋画」、ちょっと一息つく時に訪れるのは「すたあばっくす」等々。日々外ヅラ用に「謎の頑張り」を続けているワタシですが(みなさまもですよね?ね?)、やっぱり根っこは「ご飯と味噌汁」の国の人。日本語は、何にも優る『安心』を与えてくれるのです。

ただでさえRPAツールは画面が複雑になりがちですので、ワタシ達が普段の業務の中で使うことを考えると、メニューひとつ、ボタンひとつを一々脳内で翻訳する負荷は、1日積もると結構な重さになります。WinActorのWebサイトにも、『完全日本語対応』が大きく謳われていますね。

WinActorのWebサイトにも、『完全日本語対応』が大きく謳われていますね。

ということで、今ワタシすごーく楽な気分でインストール画面を見ております。ドキドキよりもワクワクのほうが大きいってステキでござるなー。

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

関連記事

WinActorでロボットを作ってみよう!その①

WinActorでロボットを作ってみよう!その①

ロボットにスケジュールの設定をしよう!

ロボットにスケジュールの設定をしよう!

ロボットを作ってみよう!(後編)

ロボットを作ってみよう!(後編)

ロボットを作ってみよう!(前編)

ロボットを作ってみよう!(前編)

RPAツールを見てみよう!

RPAツールを見てみよう!

RPAって何だろう?

RPAって何だろう?