close
A.I./Cognitiveシーンラーニング

ビジネスチャンスの宝庫!?「OSINT」が見据える未来とは

(文責:笠井)

企業活動を行うために市場分析などのデータの分析が欠かせないことは、ビジネスパーソンであれば誰もが承知の事だろう。しかし、社内に蓄積されたデータだけを分析して満足してはいないだろうか。

ひとつの企業に蓄積されたデータは世の中にあふれる膨大な量のデータの一部に過ぎず、当然社外にはそれよりも多くのデータが眠っている。それがいわゆるビッグデータだが、その使い方次第では宝の山となる。そこには新しいビジネスチャンスが眠っているのだ。

【散在するビッグデータを利用するOSINT】

ビッグデータの活用を考える上で、キーワードとなるのが「OSINT」という言葉だ。
「Open Source Intelligence」の略語で、誰でも入手できる情報を集め、それらを突き合せて分析する情報分析手法である。
データの収集範囲は、インターネットや書籍、電話帳、マスメディア等多岐にわたり、
例えば、ある国のニュースサイト、新聞、SNSの投稿等を収集して分析することによって、その国の動向を把握するといったことが可能になる。

本記事では、警察機関で用いられたOSINTの2つの事例を取り上げて、ビッグデータにおけるさらなる可能性を考える。

【英国:児童ポルノに関する犯罪を抑制】
1つ目の事例は、英国における児童ポルノ犯罪対策である。
内閣府が出した、「児童ポルノの取締りの現状と国際協力について」によると、日本国内では、2002年には189件だった児童ポルノ事件の検挙件数が、2011年には1455件と増大している。

そもそも児童ポルノは、お互いの同意の上に成り立つ成人ポルノと違い、抵抗することの出来ない児童の写真を無理やり撮影する場合が多いことから、児童虐待の側面がある。
さらにその写真が一度インターネット上で拡散されてしまうと、全ての写真を削除することは事実上不可能となってしまうため、「児童ポルノは児童の性的虐待の恒久的な記録」と考えられ、大変問題視されている。

この記事の続きはRPA BANK会員限定です。
1分の会員登録で最新のAI・RPAに関する話題をお届け。
ぜひ無料でお試しください!